いしかわ鍼灸院メイン

自律神経失調症について

自律神経とは主に交感神経、副交感神経から構成されるもので自分の意思とは関係せずに身体を調整する神経のことです。 例えば寒い時に体温を逃がさないために毛穴を閉じて鳥肌を立てたり、激しく体を動かした時に心拍数や血圧が上がりドキドキするのも自律神経が行っているこ とです。 心臓の鼓動を意図的に止められる人はいないですよね?寝ている間に心臓動かすのを忘れてしまったら即死です。 まだまだ色々な働きをしておりますが自律神経は人間が生きて行くためには絶対に必要なシステムなのです。ですので自律神経が乱れてしまうと気が付かないう ちに全身的に様々な 症状が出ます。


自律神経失調症の症状

自律神経失調症では全身的に様々な症状が引き起こされます
便秘や動悸、疲労感、食欲不振、うつ症状、下痢、不眠、頭痛、頭重感、首こり、肩こり、腰痛、イライラ、胃痛、腹痛、胸やけ、ほてり、シビレetc...
その他様々な症状が出現してもおかしくありません。 あくまで個人的な意見ですが、ほとんどの現代病の根本にあるものが自律神経失調症であると私は考えております。


自律神経失調症と鍼灸(はりきゅう)治療

鍼灸(はりきゅう)治療は生理学用語で「体性自律神経反射」と呼ばれる反応を 身体の中で引き起こします。簡単に言うと体表面に鍼(はり)を打つと 感覚神経から自律神経に刺激が入り、内臓の動きを良くするのです。 現代人はストレス社会の影響で体を休めることが下手になりがちです。
自律神経で説明すると、交感神経は臨戦態勢を準備する神経で、 副交感神経は休息の神経です。外出先から帰ってきて玄関を開けたら突然便意を催したことはありませんか?私たちは無意識のうちに自宅は安全な場所という認 識をしております。外出先ではどんな危険が待っているかわからないので人間は常に交感神経を高ぶらせております。それが自宅につくと休んでいいですよと副 交感神経が働き出します。その瞬間に内臓が働き出しリラックスモードに切り替わります。鍼(はり)治療はこの神経の切り替えを強制的に行うことが出来ま す。
現代はストレスが多いので 神経のバランスは交感神経>副交感神経になりやすいのです。 鍼灸治療は副交感神経の働きを強め自律神経のバランスを整えます。 ですので鍼灸治療は自律神経失調症に有効であると言えます。